ソニービズネットワークス株式会社 パートナー企業
クラウド勤怠管理システム「AKASHI」正規販売代理店

所在地
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-34-13 貝塚ビル302
受付時間
10:00~12:00/13:00~16:00
   ※土曜・日曜・祝日・夏期休業・年末年始を除く
03-6709-8919

労務・勤怠管理について
お気軽にお問合せ・ご相談ください

フォームでのお問合せ・相談予約は
24時間受け付けております。

第36条 時間外及び休日の労働

36協定の締結を要する場合

遅刻時間に相当する時間延長

Q.労働基準法第32条(労働時間)は1日の労働時間を8時間と定め、第36条第1項ではこの労働時間の延長については時間外協定の義務を課し、又第37条では延長した労働時間に対しては割増賃金を支払うべきことを定めているが、この点に関して就業規則に定めるところにより労働時間を延長してもその日の実労働時間が8時間に充たぬ場合(例えば遅刻、早退等があったような場合)には労働基準法上の時間外労働とはならず、従って第36条第1項及び第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)の適用もないから、かかる場合の時間延長は時間外協定の枠外で行い得るし、又延長した時間に対しては時間外割増賃金を支払う必要はないと考えられるが?

A.法第32条(労働時間)又は法第40条(労働時間及び休憩の特例)に定める労働時間は実労働時間をいうものであり、時間外労働について法第36条1項に基く協定及び法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)に基く割増賃金の支払いを要するのは、実労働時間を超えて労働させる場合に限るものである。

 従って、例えば労働者が遅刻をした場合その時間だけで通常の終業時刻を繰り下げて労働させる場合には、1日の実労働時間を通算すれば法第32条(労働時間)又は法第40条(労働時間及び休憩の特例)の労働時間を超えないときは、法第36条第1項に基く協定及び法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)に基く割増賃金の支払いの必要はない。

(昭29.12.1 基収6143号、昭63.3.14 基発150号、平11.3.31 基発168号)

『労働基準法解釈総覧【改訂16版】』 労働調査会

2021.11.15 掲載

【オンライン無料開催】36協定(時間外労働)管理についてなんでもご相談いただけます!お申込みはこちらから

私たちはクラウド型勤怠管理システム導入支援の専門家です

お気軽にお問合せ・ご相談ください

電話番号
03-6709-8919
(受付時間:10:00~12:00/13:00~16:00)
定休日
土曜・日曜・祝日
夏季休暇・年末年始(12/30・31・1/2・3)

=免責事項=
当ホームページの内容につきましては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保障するものではありません。サイト内の各ページは予告なく変更・削除されることがあります。
リンク先の都合によりリンク切れとなる場合もございますのでご了承ください。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切の責任を負いかねます。
掲載している情報については自己責任のもと活用してください。

無料個別相談実施中

36協定なんでも相談会
36協定なんでも相談会

年に1度の36(サブロク)協定締結時期に、書き方や内容についてお悩みの方はご相談ください。
・36協定届をチェック欲しい!
・この項目はどうやって書けばいいのか教えて欲しい。
など専門家である社会保険労務士が対応いたします!
企業様向けにオンラインで約60分間の個別相談が無料で受けられます。

会員専用ページ

クラウド勤怠管理システムAKASHI
ログインページはこちらからどうぞ

免責事項

当ホームページの内容につきましては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切の責任を負いかねます。
掲載してある情報については自己責任のもと活用してください。